ラーメンにナルトが入っている理由は?

ナルトは、白地に赤い渦巻き模様のカマボコ。ナルトという名は、もちろん鳴門の渦潮にちなんでいますが、徳島県鳴門市とは縁もゆかりもないといいます。
ナルトのルーツは、江戸時代後期に生まれた、白い練り物に赤や黄色、緑などの色をつけて巻いた「五色巻」。その中の「赤巻」が、ナルトと名づけられて独立しました。
一方、ラーメンが誕生するのは、横浜が開港し、中華街ができた幕末。このとき、すでにナルトは存在しており、おそらくラーメン丼の模様に似ているところから、誰かが飾りとして入れたと考えられています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 2,144 times, 3 visits today)

Comments are closed