天皇家の人々はパスポートをもっている?

海外に出掛けるためには、パスポートが必要になります。そのためには、戸籍や住民登録が必要となりますが、戸籍も姓もない天皇家が海外に行くときどうなるのでしょうか?
たとえば、浩宮徳仁親王、現在の皇太子にはパスポートが発行されているといいます。一般用の「シングル」のパスポートで、使用が1回だけ認められているものです。一般の人がもっている5年有効のものや、10年有効のものではありません。
パスポートの署名は、名前の「徳仁」のみですが、そのあとに「CrownPrince of Japan」と続きます。
しかし、天皇皇后ご夫妻の場合は、パスポートは不要。国際的慣例で、国家元首はフリーパスだからです。正確には、日本の天皇は「象徴」であり「元首」とはいえませんが、海外では元首としての扱いを受けています。

スポンサードリンク
(Visited 4,743 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed