裁判官は、なぜ黒い服を着ているのか

裁判官は、見るからに偉そうですが、その偉さを際立たせるのにひと役買っているのが、長いスモックのような裁判官の衣装です。
これは「法服」と呼ばれるもので、裁判官はみな着用が義務づけられていますが、この「法服」、色は黒と決められているのはどうしてなのでしょう。
これは、黒はどんな色にも染まることがないから。つまり、黒い法服は、裁判官の公正さを象徴しているのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 419 times, 1 visits today)

Comments are closed