More from: 日本の歴史・伝説の雑学






源義経と別れたあとの静御前の消息

以前どこかのメーカーの洗濯機の名前に使われていましたが、静御前(しずかごぜん)といえば、源義経の恋人です。 義経は平泉で死んだことになっていますが、その後、北海道に逃げただの、大陸に渡っただのと、歴史家は相手にしませんが […]


西郷隆盛の子孫たちの意外な生涯

西郷隆盛が西南戦争に敗れ、自刃したのは明治10年、1877年のことです。50歳でした。 当時の英雄たちは、あちこちにお妾さんがいたりして、子供はたくさんいたものですが、西郷の場合は、その生涯に3度結婚し、5人の子供がいま […]