紙幣の肖像画を描いているのは、どんな人?

紙幣の肖像は、財務省印刷局に所属する工芸官が描いているとしか明らかにされていません。工芸官は、高卒以上の学歴で美術関係を専攻していたことが条件です。だが、その氏名はいっさい公開されていません。その人数も「複数います」(財務省印刷局)ということしかわかりません。ちなみに、工芸官はお札の肖像画以外にも、政府刊行物や国債、収入印紙などのデザインなども担当しています。さらに国が主催する催し物の入場券などを扱っています。公務員の中では、けっこう忙しいようですね。

スポンサードリンク
(Visited 407 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed