芸術の雑学


盗まれたゴヤの頭蓋骨はどこへいった?

「首のない死体」というのは、エラリー・クイーンの『エジプト十字架の謎』をはじめ、推理小説によくでてくるトリックのひとつです。 たいてい、被害者と思われていた人が、じつは生きていて犯人だった、というオチとなります。たしかに […]











スポンサードリンク