お札の「通し番号」を使い切るとどうなる?

日本銀行が発行する紙幣には「AAOOOOO1A」からはじまって、「ZZ900000Z」までの通し番号がついています。このアルファベットと六桁の数字の組み合わせで、100億とおり以上の通し番号ができる(アルファベットのIとOは、数字の1と0と間違いやすいため使われない)といいますが、新札を発行するうちに、この通し番号を使い切ってしまったらどうなるでしょうか?
じつは、昭和51年に「伊藤博文の千円札」が、番号を使い切ってしまったことがあります。このときは、印刷インクの色を黒から青に変えて対処しました。つまり、デザインも番号も同じですが、番号の色だけが違うというお札が存在したのです。平成5年にも「福沢諭吉の一万円札」が、ナンバーを使い切ってしまい、このときは印刷インクの色を黒から茶色に変えています。

スポンサードリンク
(Visited 633 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed