ほんの遊び心が……国王自ら招いた悲惨な結末とは

ふとした遊び心がまねいた悲劇でした。
セイロン(現・スリランカ)のヤサララク王は、散歩中、自分とウリふたつの道路工事人をみつけました。他人のそら似とはこのことでしょうか、顔立ちはもちろん、背丈、体格、年格好、すべてそっくりではありませんか。
この男をみて、王はあるイタズラを思いつきました。
王は彼を宮廷に連れ帰り、ドア係に任命。驚いたのは男のほうです。道路工事人から一転、宮仕えの身へ華麗なる転身をとげたのですから。
男が宮廷にもなれたころ、王は男にそっと耳打ちしました。
「ひとつ、わしとおまえが入れ替わってみないか?」
事情がのみこめずオロオロする彼をせきたてて、王は男と服を交換しました。平凡な毎日にあきあきしていた王は、スリリングな刺激を求めていたのです。
そんな遊びも回を重ね、王様役も板についたニセ王は、あるとき王座から、大声で家来たちを自分のもとへよびよせました。そして、なにごとかと集まった家来たちに、「あのドア係を殺してしまえ。妙なコトばかり口走っている、発狂したらしい!」と命じたのです。
王のイタズラを知る由もない家来たち。いま王座で命令をしているのが、ニセ王だとは夢にも思わず、命じられるままホンモノの王を殺してしまったのです。
なんたるどんでん返し!そしてその後何年間も、真実は知られないまま、男は王になりすましていたといいます。まさに、事実は小説よりも……。

スポンサードリンク
(Visited 77 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed