漁師には、なぜ女性がいないのか?

昔から、漁師の世界は「女人禁制」が鉄則。最近は、人手不足で沿海のコンブ漁などに女性の漁師も登場していますが、遠洋漁業の世界では、いまだに女人禁制が守られています。では、なぜ、漁師の世界は女人禁制なのでしょうか。
ひとつには、漁船に女性が乗ると不漁になるという言い伝えがあるからです。
その理由は、船には《船魂(ふなだま)さま》と呼ばれる女神が祭られており、女性を船に乗せると、この女神が嫉妬するからだとされているようです。
船に女神を祭るのは、日本だけでなく西洋の船でも行われています。それに「海」はフランス語では「メール」で、女性名詞です。海はやっぱり、男の職場なのです。

スポンサードリンク
(Visited 382 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed