なぜオリーブをくわえたハトが平和のシンボルになったのか?

ハトを平和のシンボルとするのは、「旧約聖書」の「創世記」のエピソードに由来する。「ノアの方舟」のくだりからです。
人間の堕落した行状に怒った神は、大洪水をひき起こすことを決意し、このとき正直者のノア一家だけに難を逃れるための方舟作りを許可します。そして、洪水が起きたとき、ノア一家は方舟に乗り、アララト山の頂上にたどり着いて、新たな人類の歴史を記すことになります。
このとき、地上の様子を調べるため、ノアはハトを放ちました。ハトがオリーブの若葉をくわえて戻ってくるのをみて、ノアは洪水がひいたことを知ります。このエピソードから、ハトは平和のシンボルとして多用されるようになりました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 677 times, 1 visits today)

Comments are closed