なぜ、「平均貯蓄額」はあんなに多額なのか?

経済統計では、しばしば日本人の「平均貯蓄額」が発表されますが、その数字をみて、自分が「中流」だと思っていた人は、ガク然とすることが多いのではないでしょうか。
世間並みのサラリーをもらい、世間並みに貯蓄に励んできたつもりなのに、なぜ、世の人々は自分よりも貯蓄が多いのか?
じつは、この「平均貯蓄額」には、タネを明かせばいたって単純なトリックが隠されています。
そもそも、貯蓄額を「平均」してしまうところに問題があります。たとえば、100人のうち99人には100万円の貯蓄があり、1人だけ大金持ちがいて10億円の貯蓄があると、その100人の平均貯蓄額は、当然、100万円以上になります。つまり、99人が平均以下、となってしまうのです。
このように、金持ちがため込んだウン億円という額がモノをいい、平均貯蓄額は「中流」の人々が実感している数字よりも、ずっと高くなるのです。
というわけで、自分が「中流」かどうかを知りたいのなら、平均貯蓄額より、どれくらいの貯蓄額の人がもっとも多いのかをチェックしたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク
(Visited 244 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed