なぜ、騎手のことをジョッキーというのか?

「ジョッキー」といえば競馬の騎手のこと。
しかし、この言葉、競馬の発祥地であるイギリスでは、もともと馬を扱う仕事についていた若者たちのことを指す言葉でした。
イギリスのスコットランド地方では、昔から、大人の男のことを「ジョック」と呼ぶ風習がありました。イギリスには名前の知らない人を「ジャック」と呼んでいましたが、スコットランドでは、少々フランス語風に「ジョック」と呼んでいたのです。
そして大人の男の「ジョック」に対し、若い少年、とくに馬の世話をしている少年たちのことを「ジョッキー」と呼んだのです。
競馬がはじまったとき、騎手になったのはこの馬の世話をしていた若者たちでした。そこから騎手のことをそのまま「ジョッキー」と呼ぶようになったというわけです。

スポンサードリンク
(Visited 399 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed