なぜ、日本は英語でジャパンになったのか?

英語で日本をジャパンというのは、中国語で日本のことをいった「ジッポン」からきています。今の中国の標準語の北京語では、日本は「リーベン」と発音しますが、中国南部では今でも「ジッポン」「ジッパン」などと発音しています。
そして、『東方見聞録』を書いたマルコ・ポーロは、「ジッポン」を「ジパング」と聴き覚えて記録しました。それが世界中に広まったというわけです。
したがって、日本を表すドイツ語の「ヤーパン」、スペイン語の「ハポン」も、いずれも出所は「東方見聞録』。
最初の音が国によってちがうのは、Jの発音のちがいからなのです。

スポンサードリンク
(Visited 196 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed