なぜ貝なのに「トリガイ」?

寿司ダネのトリガイは、漢字で書くと「鳥貝」。中国語でも「烏蛤」と書かれるが、なぜ貝なのに烏という字が使われるのでしょうか?
それは、トリガイの味が烏肉によく似ているからなのです。
新鮮な上物のトリガイは、肉質がやわらかくて甘みがあり、歯ごたえも味も、烏肉によく似ています。ここからトリガイという名前がつけられました。
ちなみに、貝類には冬期を旬とするものが多いですが、「トリガイ」は数少ない例外で4〜5月が旬。一度、上物のトリガイをこの時期に味わえば、この名前の由来がよくわかるはずです。

スポンサードリンク
(Visited 620 times, 2 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed