なぜキュウリをカッパと呼ぶのか?

寿司屋では、キュウリの海苔巻きのことを「カッパ巻き」といいます。
キュウリが「カッパ」と呼ばれるのは、「河童の好物はキュウリ」という迷信に由来しているのです。
今でも、神社の夏祭りには、キュウリをお供えするところが多いですね。これは、夏は水害、水の事故が多いこともあって、夏祭りが水神の化身である河童と深く結びついているためだと言われています。
さらに、キュウリの切り口が、カッパの頭に似ていることから、カッパの好物はキュウリと考えられるようになりました。

スポンサードリンク
(Visited 1,842 times, 3 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed