なぜ星は光って見えるのか?

夜空に輝く星の多くは、自ら光や熱を発している「恒星」です。
地球が属する銀河系には約2000億個の恒星があると推測されており、太陽もそのひとつです。
しかし、恒星が輝いて見えるのは、それ自体が燃えているからではありません。
恒星は、簡単にいえば「高温のガス球」だ。重力の働きで、球の中心部はガスの濃度がものすごく濃くなっていて、そこでは「核融合」と呼ぶ激しい化学反応が起きています。ガスに含まれている水素の原子核が4個ずつ結びついては、つぎつぎにヘリウムの原子核に変わっていくのです。
このときに、光や熱など、大量のエネルギーが放出されます。
つまり、星は、巨大な水素爆弾が間断なく爆発し続けているようなもの。だから、遠くからでも、あんなに明るく輝いて見えるのです。

スポンサードリンク
(Visited 544 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed