ご飯を甘くおいしく炊き上げるワザ

高級米を食べたとき、ほのかに甘く感じるのは、糖に変化する澱粉をたっぷり含んでいるからです。一方、安い米は澱粉の量が少ないので、甘味が乏しくなります。
そこで、ご飯を炊くときにハチミツを少量加えると、安いお米でも高級米のように甘くおいしく炊き上げられます。ハチミツの量は、米二合につき小さじ一杯が適量です。
ハチミツに含まれる酵素は、唾液と同様の働きをします。安いお米でもハチミツを入れて炊くと、炊き上がったときには、すでに澱粉が分解された状態になっています。それで、甘くおいしく炊き上がるというわけです。

スポンサードリンク
(Visited 12 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed