ラーメンに欠かせないシナチクの正体は?

シナチクは、中国原産の竹の仲間です。「麻竹」という種類のもので、日本に多い孟宗竹とは種類が違います。
シナチクは、麻竹を細かく切ってから、よく煮て、乾燥させてから土の中にいれ、発酵させてつくります。発酵後、塩漬けにしたり、乾燥して保存。この段階で、日本に輸入されてきます。それを、味付けして売るのです。
中華料理では、シナチクが使われる料理は、妙め物か煮物がほとんど。日本のように、麺類の具にするのは、広東省の一部地域くらいのものです。

スポンサードリンク
(Visited 536 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed