ビアホールのビールは、普通のビールとどう違う?

「ビアホールで飲むビールはうまい」という声をよく聞きます。
しかし、ビールメーカーによれば、ビアホールのビールも、瓶入りや缶ビールも中身は同じ。だいたい、大手メーカーのビールは、大工場のラインで生産されているから、「ビアホール用」「缶ビール用」と造り分けることは不可能です。
それでも、ビアホールのビールと市販のビールでは、味わいが違うというのは、多くの人が感じるところです。では、その理由は?というと、まずビアホールのビールは工場から直送されたばかりのもので、市販のビールよりもフレッシュということがあります。
また、ビアホールでは、温度管理がしっかりしていて、ビールの品質を最良の状態に保っています。さらに、ビールを上手に注ぐため、泡がクリーミーになっていますし、客のほうにも、ビアホールのビールはうまいという心理効果が働いているようです。
そういういくつかの理由が重なって、ビアホールのビールを飲むと、「う〜ん、うまいっ!」となるのです。

スポンサードリンク
(Visited 226 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed