マヨネーズを作るときに使用されない卵白はどうするのか?

マヨネーズをつくるときの原料は、卵黄、サラダ油、酢、食塩など。これらをいっしょにして混ぜあわせるのですが、そのとき残ってしまうのが、卵の白身。とくにメーカーでは、大量の卵黄をつかうから、やはり大量の卵白が残ってしまいます。
ところが、捨てる業者あれば、拾う業者あり。卵黄はいらないから、卵白だけをほしいという業者があるようです。水産加工業者やケーキ屋です。
カマボコなどの練り製品には、つなぎとして白身をまぜています。また、ケーキづくりでも、泡立ててスポンジ生地につかいます。卵白は、卵黄とちがい、ポリ袋に入れて冷凍すれば保存もできるから、この水産加工業者やケーキ屋では、マヨネーズのメーカーと提携。毎日のように、卸してもらっているところが多いのです。
そのほか、ミートボールやハンバーグのつなぎ、変わったところでは、ビールの王冠の裏のコルクを固めたり、染め物の色落ち防止剤としても使われています。

スポンサードリンク
(Visited 242 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed