陪審員を一転味方につけた娼婦の奥の手とは

いくら人間は心だといっても、やっぱり顔がいいに越したことはありません。美人は心が冷たいなどとやっかんでみても、やっぱり美人になりたいものです。
しかも、美人が得だというのは、古代ギリシャの時代から、実証されてしまっていることなのです。
当時、高級娼婦にフリュネという女性がいました。そのころの娼婦といえば、学識豊かで後世にまで名を残した才女がたくさんいましたが、フリュネも同じように才能あふれるタイプでした。ところが、そのせいで、ある日ギリシャの神を冒濱したとして、裁判にかけられてしまったのです。
さまざまな弁護をボーイフレンドがしてくれても、陪審員たちの心証はサッパリよくなりません。このままでは、彼女の立場は悪くなるばかりです。
しかし、そのとき、フリュネはすくっと立ちあがり、すべての衣服を脱いで、
「みなさん、ちょっとご覧ください」
と、美しい裸体を陪審員にみせたのです。
そのとたん、陪審員たちは、
「こんな美しい人に罪があろうはずがない」
とつぶやき、フリュネはたちまち無罪となってしまったというのですから、いいかげんなものではないでしょうか。
なにか都合の悪いことが起きたとき、顔と体に自信のある方は、全裸になってこんなどんでん返しを期待してみるのもひとつの手かも。

スポンサードリンク
(Visited 47 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed