立ち読みで一冊の本を読了するコツ

「超速読のコツ」という意味で、そのコツを紹介しましょう。
・小説……登場人物の人間関係を頭に入れたら、あとは会話だけを読みましょう。会話は、人物の考え、行動の証明になるから、それだけで筋は十分分かります。
・長編小説……会話を拾うだけでも時間がかかるような長編の場合は、ページの前2行と、次ページの後2行だけを読みましょう。
・ノンフィクション……まえがきと目次、カバーの裏やソデ(中に折り返してある部分)にある内容紹介などを読んで、著者の立場、考え方を頭にいれます。あとは、いわゆる「斜め読み」で、キーワードになりそうな熟語をチェックしながら読みます(というか、眺める)。小見出しの多い本なら、小見出しをチェックするだけで内容が分かる場合も多いでしょう。

スポンサードリンク
(Visited 33 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed