目玉焼きのよりオイシイ焼き方

おいしい目玉焼きを作るには、卵の凝固温度を頭に入れておくといいでしょう。
卵白が凝固するのは、おおむね65度。煙が出るほどフライパンを熱すると、白身が焦げてしまうし、逆に熱し方が足りないと、白身がだらしなく広がってしまいます。フライパンにかざした手に、ほんのり熱を感じるくらいがちょうどいいでしょう。
また、黄身は70度でノリ状になり、73度で半熟。さらに焼き続けると固焼きになります。好みによって、焼く時間を調節すればいいでしょう。

スポンサードリンク
(Visited 39 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed