押入れの湿気を根こそぎ追い出すコツ

室内の湿気を追い出すには、扇風機を使えばよいでしょう。
たとえば、押入れの湿気取りの場合、晴天の湿度の低い日を選び、押入れの中のものを出してから、ふすまを2枚重ねるように中央に寄せます。こうして押入れの左右に風の通り道を作っておき、片方から扇風機で風を送り込み、もう片方から風が抜けるようにします。
15〜20分ほど風を送り続けると、押入れの中はカラリと乾燥します。
下駄箱も同じ要領で、靴を出してから扇風機を回せば、嫌な臭いを退治できます。食器棚など棚の間隔が小さい家具の場合は、扇風機の代わりにドライヤーの冷風を使って空気の入れ換えを行えばよいでしょう。

スポンサードリンク
(Visited 16 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed