高波に呑まれたとき、脱出するコツ

たとえ高波に呑まれても、次のコツを知っていれば、命拾いする確率を高めることができます。
まず、波には「寄せる、引く」という呼吸があることを知っておいてください。引き波の勢いが強く、陸地から離れた場所まで運ばれても、慌ててはいけません。波は大きく引くほど大きく寄せるので、力を抜いて波に身体を預け、寄せ波に乗って泳げば、岸に辿り着ける可能性が大きくなります。
服を着たまま波に呑まれたときは、まず服を脱ぐこと。水を含んだ服は、想像以上に重くなり、泳ぎが上手な人でも、その重みによって溺れることがあるからです。なお、水中で服を脱ぐコツは、下半身から脱ぐこと。まず靴を脱ぎ、ズボン、上着、シャツと下から上へ脱いでいきます。下半身の衣服ほど、泳ぎの障害になるからです。

スポンサードリンク
(Visited 16 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed