子どもっぽい字を少しは上手に見せかけるコツ

人前で字を書くときなど、少しでも字を大人っぽく見せたければ、次の2つのポイントを守るといいでしょう。
①まずは縦長に書くこと。丸っこい字や真四角の字よりも、縦長のほうが大人っぽく感じられます。縦長のマス目で練習すれば、誰にでも書けるようになります。
②漢字の画数によって、大きさを変えること。画数の多い字ほど大きく書き、画数の少ない字を小さく書けば、全体のバランスがとれて大人っぽく見えます。ただし、「口(国がまえ)」や「門(門がまえ)」の漢字は、大きく見えがちなので、少し小さめに書きましょう。

スポンサードリンク
(Visited 7 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed