脳にいい肉食のすすめ

肉好きな人は、極上の霜降り牛を口にするとき、心が深く満たされたような幸福感に浸れるものです。その理由は、実はアナンダマイドという物質にあります。
アナンダマイドとは、1992年にイスラエルで発見され、別名「至福物質」と呼ばれているものです。アナンダマイドには、心に幸福感を与えたり、リラックスさせたり、不安を和らげる効果があるだけでなく、記憶力を高める働きがあることも指摘されていますが、その元になるのが、肉類なのです。
肉には、アラキドン酸という脂肪酸が含まれています。この脂肪酸が体内に入り、酸素が働くことによって、「至福物質」アナンダマイドは作られるのです。だから、私たちは肉を食べると、何とも言えない幸福感に浸ることができるというわけです。
確かに肉の食べ過ぎは健康に良くない面もあります。しかし、脳のためには、ときに贅沢な牛肉を食べて幸福感に包まれることは、決して悪いことではないのです。

スポンサードリンク
(Visited 15 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed