時の権力者には、暗殺の危機がつきもの

かの独裁者アドルフ・ヒトラーにも、いつ殺されても不思議はないほど、多くの暗殺が計画されていました。
なかでも、よく知られているのが1944年の事件。この年の7月20日、ヒトラーは東プロセインでの軍事作戦会議に出席することになっていました。
よく予定を変更したり、キャンセルばかりしていたヒトラーでしたが、こんな重要な会議を欠席するはずがありません。ヒトラー暗殺のまたとないチャンスでした。
会議の場所は、コンクリートの建物から木造の建物へと変更されたものの、予定どおり会議は開かれました。
暗殺者は、爆弾を仕掛けたブリーフケースをヒトラーの席の近くに置きました。これがそのまま爆発すれば、ヒトラーは確実にあの世行きのはずでした。
ところが、爆発の寸前でした。ブリーフケースに気づいた将校が邪魔だとばかり、ヒトラーとは反対の方向へ押しやってしまったのです。
悪いときには悪いことが重なるものですが、それでなくとも木造の部屋では爆弾の威力はひどく弱くなります。衝撃が発散されてしまうからです。
結局、この爆発では4人が死亡、数人が重傷を負ったものの、肝心のヒトラーは、軽いヤケドと鼓膜が破れただけで済んだのです。
これこそ悪運。

スポンサードリンク
(Visited 23 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed