日本は狭い国なのに、なぜ人口が多いのか?

日本は人口密度の高い国です。狭い島国ながら、昔から人口はけっこう多いのです。これは、単純にいえば、日本人が元気だからです。
現在の日本人とは、南北からこの島にやってきたさまざまな人種の混血であり、比較的新しい民族といえます。激しい混血の結果、いわゆる雑種強勢が働いて、生物学的にみると抵抗力が強く、それが人口を維持する根本的な理由になっているようです。
また、北から南まで縦に長いという日本の国土と自然環境も、日本人の生命力を強くする要因になっています。狭い国土でありながら寒暖の差が大きく、さまざまな環境があることが、抵抗力を強めてきたわけです。
これは、戦後、日本が世界一の長寿国となった基本的な理由でもあるんです。

スポンサードリンク
(Visited 1,467 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed