外国で食べる日本料理は、なぜまずい?

外国でおいしい日本料理になかなか出会えないのは、外国には日本の食材を生かせる「水」がないのも一因なのです。
日本の水は軟水で、水道水をそのまま料理に使うことができます。一方、欧米では硬水が主流で、カルシウムやマグネシウムを多量に含んでいます。硬水をそのまま料理に使うと、タンパク質が固くなり、味が落ちてしまいます。そのため、ヨーロッパでは、ソース、ワイン、牛乳、生クリーム、オリーブオイルなどを加えて煮る料理法が発達したのです。
むろん、米を炊くときも、硬水ではふっくらと炊き上がりません。日本風の野菜の煮物料理をつくっても、ゴリゴリになります。
そもそも、日本料理が淡白であっさりした味付けなのは、軟水によって素材の持つうま味を生かすことができるからです。

スポンサードリンク
(Visited 184 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed