時間制限駐車区間、時間外はタダでとめていい?

比較的幅の広い道路の両脇には、道路を駐車場のかわりにできる「時間制限駐車区間」が設けられています。
こうした区間には、青地に白い文字で「P60分」「8-20」などと書いてあります。これは「朝8時から夜20時まで、1時間以内なら有料で止められる」という意味。では、決められた時間帯以外なら、この区域はダダで駐車できるのでしょうか?
早朝や夜は交通量が少ないせいか、そう勘違いしているドライバーも多いようですが、指定時間外にクルマをとめることはできません。もともとここは駐車禁止区域。あの時間帯だけ、特別に駐禁が解除されているのです。
また、300円のチケットを2枚買えば、2時間駐車できるというのもよくある勘違い。2時間とめたいのなら、1時間たったところでいったんクルマを移動。あらためてチケットを買って、クルマをとめなければなりません。
元の場所が空いていれば、もう一度そこにとめてもいいでしょう。なんともバカバカしい話ではありますが、法律とはこういうものです。

スポンサードリンク
(Visited 229 times, 2 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed