ソムリエがぶらさげている灰皿のようなものは?

ソムリエが首からぶらさげている灰皿のような形のものは、「タスト・ド・バン」と呼ばれる容器です。もとは、フランスのブルゴーニュ地方の酒蔵で、利き酒に使ったものです。
あの容器の内側には凹凸があって、中にワインを入れて光をあてると、ワインの色相がいっそうよくわかります。もともとは、薄暗い酒蔵内のロウソクの光でも、ワインの状態をチェックしやすいように工夫された容器だったのです。
しかし、照明が進歩した現在、酒蔵内でもワインはグラスにそそいでチェックされています。現代では、ソムリエが首からさげているのは、単なるお飾りで、使われることはほとんどありません。

スポンサードリンク
(Visited 289 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed