苦しまぎれのひと言が大ヒットギャグに大変身

昭和36年6月に『シャボン玉ホリデー』というバラエティー番組が日本テレビではじまりました。
いまは亡きハナ肇(はじめ)が率いるクレイジーキャッツとザ・ピーナッツを中心に、当時の人気歌手が歌ったりコントを演じるという日曜日の娯楽番組でした。
超人気番組で、残業時間が1月300時間を超えるスタッフもいたといいます。やたらと忙しい現場でした。
収録は、100坪ほどの狭いスタジオに3つぐらいのセットをつくってどんどん進行していきます。出演者はその中を着替えながら飛びまわるという具合でした。
あるとき、こんなことがありました。場面はハナ肇さんたちがシリアスなコントをやっているところ。そのセットの裏では、植木等さんが衣装替えをしていました。
そのとき、なにげなくセットのふすまを開けてしまって植木さんは、「ン?」。ハナさんたちがコントをやっています。とっさにアドリブが出ました。
「お呼びでない。全然お呼びでない。こらまた失礼いたしました」
場面をメチャクチャにしてしまったかと思いましたが、これが視聴者には大ウケ。
苦しまぎれに出たとっさのひと言が、日本じゅうに大流行するギャグとなった瞬間でした。

スポンサードリンク
(Visited 73 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed