弁護士事務所は、なぜ会社組織ではないのか?

弁護士のタマゴは、たいていどこかの「法律事務所」に就職しますが、この法律事務所、じつは会社ではありません。
複数の弁護士がいて、その売上げが億単位という法律事務所も珍しくありません。だったら、有限会社なり株式会社なり、会社組織にしておいたほうが節税の点でも便利というものですが、弁護士事務所の場合、法律で会社組織にはできないことになっているからです。
これは、弁護士は利益追求のためではなく、社会正義を実現するために働く、という建前があるからです。
したがって、すべての法律事務所は、いわゆる個人事務所です。複数の弁護士がいる場合は、事務所の家賃や事務員の人件費などの維持費を分担しあい、収入はあくまで独立採算。もちろんサラリーマンではないから、確定申告をして、税金を納めます。

スポンサードリンク
(Visited 456 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed