なぜ名古屋城の上には金の鯱(しゃちほこ)がある?

名古屋城の天守閣に燦然と輝く金の鯱。あの鯱は、魔除けのためにあります。
鯱は、海のギャングのシャチとはちがって中国の伝説に出てくる架空の動物です。頭は竜で、背中に鋭いトゲを持ち、全体としては魚のような形をしています。ちゃんとオスとメスがあり、オスは口をあけ、メスは閉じています。古来、建物を火事から守ると信じられてきたため、城を火災から守ることを願って、天守閣に据えつけられたのです。
だが、魔除けでありながら、名古屋城の鯱は、金でできているため、その金の鱗が盗まれるという事件も起きています。
昭和12年には、58枚の鱗が盗まれています。

スポンサードリンク
(Visited 1,698 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed