ピエロはなぜ、涙を流しているのか?

白塗りメイクに描かれた一筋の涙……道化役のピエロのメイクは、フランスのパントマイムの名優ドゥビュローがモデルといわれています。
ピエロの原型は、16世紀のイタリアで生まれたドタバタ即興喜劇の登場人物の1人。
この古典喜劇では、登場人物が何人もいて、ホラ吹きだったり、ドケチだったりと性格や衣装が特徴的に決められていました。その中の、顔を白く塗った道化役「ペドロリーノ」がピエロのルーツです。
やがて、この即興喜劇はヨーロッパ中に広まり、17世紀後半には、ピエロはフランス人の男性名ピエールの愛称で親しまれました。
19世紀に入ると、ドゥビュローという名優が登場。彼は、最後の舞台でピエロを演じたとき、感極まって本物の涙を流しました。そこから、あの哀愁ただよう涙を流すピエロ像が完成したといわれています。

スポンサードリンク
(Visited 791 times, 2 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed