飛行機はなぜ左側から乗り降りする?

どんな飛行機でも、乗り降りは機体の左側からおこなわれます。渡り廊下のようなホールディングブリッジも左側につくし、ニュース報道で首相が飛行機から降りてくる階段のようなタラップも左側にあります。
右側にもいちおう出入り口はついているのに、なぜ左しか使わないのかというと、これは、「船」を真似た結果です。船は港に入ると左側を岸壁につける慣習があり、荷物の積み下ろしや人の乗り降りは、左側からおこなってきました。舵も、左側を岸につけやすいように、船の右側にはりだしています。乗り物としては後発組の飛行機は、この船の慣習にならったわけです。
ちなみに、右側の出入り口は、フライトの食事や販売品を機内に搭載したり、非常のときに使われています。

スポンサードリンク
(Visited 485 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed