元気に働くためのランチの選び方

毎日、元気に働くためには、ランチの食べ方にも注意を払いましょう。肉類と脂ものを食べる日を減らし、魚、野菜、海藻、大豆製品を増やすことです。
理想は、肉類や油を使った料理は週1、2回にし、魚、野菜、海藻、大豆製品を3、4回食べること。たとえば、野菜の日と決めたら、ラーメンを食べるにしても、野菜ラーメンやもやしラーメンにする。逆に蕎麦でも、肉蕎麦や鴨南蛮を食べたなら、肉類の日にカウントする。こうして、肉類や油を使った料理を控え、栄養バランス良くランチを食べれば、体調はどんどん良くなっていくはずです。

スポンサードリンク
(Visited 11 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed