節約しつつ、夏涼しく冬暖かく過ごすワザ

色彩には心理的な効果があります。たとえば、オレンジ色など暖色系の色を見ると、人はなんとなく暖かい気持ちになるものです。
そこで、冬場は室内のインテリアを暖色系に替えると、それだけで暖房費を節約できます。
一方、青や緑といった寒色系の色を見ると、人は涼しい気持ちになるから、夏が近づく時期には、室内を寒色系でコーディネートすれば、比較的涼しく過ごせます。

スポンサードリンク
(Visited 12 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed