健康を維持する外食の食べ方

外食の最大の難点は、カロリーを摂りすぎること。外食メニューには、ロースカツ、かつ丼、ハンバーグといった揚げ物や肉類が多いものです。しかも、外食の揚げ物には、家庭で料理するときよりも、多めの脂肪分が含まれています。1食で、成人男子が1日に必要な量の脂肪分を摂ってしまうこともあります。
そのため、揚げ物や肉類中心の外食生活を続けると、肥満したり、動脈硬化が進んだり、痛風などの成人病になる危険性が高まってしまいます。
そこで、健康を維持するための外食のコツとは。
まず肉類が続かないようにし、意識的に魚と大豆製品中心のメニューを選ぶことです。端的に言えば、ファミレスやファストフード店には足を向けず、焼き魚、冷や奴、味噌汁といった和定食を常食することです。多くの種類の惣菜を用意している和定食の店を見つけ、常連になるのが一番ですね。

スポンサードリンク
(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed