寿司屋の実力を見抜く方法

寿司屋の実力は、コハダや穴子など、いわゆる「仕事がしてあるネタ」で分かる、とよく言われますが、「特上ちらし」を頼むのもひとつの見抜く方法です。見た目の美しさはもちろん、中身も充実させるちらし仕事は、店の実力を知る格好のメニューなのです。
あえて「特上」を頼むのは、店もプライドがあるため、質に自信の持てるネタを投入してくるから。ネタの質や大きさを比べれば、特上は実は割安だし、一番上を食べれば、店の腕の上限も分かるというものです。
特上ちらしともなると、旬のネタをふんだんに使い、普通の店でも15種類、多い店だと20種類のネタをのせている。また、手をかけたネタも多く、その仕事ぶりや力量がはっきりと現れる。
さらに、ちらしでは、握り以上にシャリのうまさがよく分かります。もし、肝心のシャリ作りがうまくいっていないと感じたら、そんな寿司屋は今後、敬遠したほうがいいでしょう。

スポンサードリンク
(Visited 3 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed