一瞬で脚を長く見せかける裏技

脚を長くするのは無理な話ですが、脚を長く「見せかける」ことは簡単にできます。立ったとき、手を高い位置で合わせるだけでよいのです。普通に手を合わせると、合わせた手は下腹部のあたりにきますが、意識的にへそのあたりまで上に持ち上げて軽く合わせるのです。すると目の錯覚で、手から下の部分がすべて脚のように見せかけることができます。
また、立ったとき、片方の脚を少しだけ前に出すと、脚を長く見せることができます。要するに、雑誌のグラビアモデルのような立ち方をすればいいわけですね。

スポンサードリンク
(Visited 21 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed