金魚の色を鮮やかな赤にする裏技

金魚の肌色は、エサに含まれる色素によって変化していきます。
肌色がくすむのは、赤系統の色素不足が原因ということが多いのです。そういう場合は、赤い色素を含んだエサを与えれば、鮮やかな色がよみがえります。
赤い色素を含むエサの中で、ポピュラーなのはパプリカ。パプリカには、カプサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン、ベータカロチンなど、20〜30種類のカロチノイド成分が含まれています。カロチノイドが体内に入ると、金魚の身体は鮮やかな赤色になるので、細かく刻んだパプリカを金魚のエサと一緒に水槽にいれてやれば、くすんでいた肌色も元に戻るはずです。

スポンサードリンク
(Visited 19 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed