故障や不具合の少ないクルマを買うコツ

クルマは所詮、人間が作ったモノ。故障しても何の不思議もないし、欠陥が見つかることもあります。だからリコールという制度もあるのですが、そうはいっても、やはり故障や不具合のないクルマに乗りたいのが当然の感覚でしょう。そういう人は、新車発売から2年たったクルマを買うことをおすすめします。
クルマに不具合が発生するのは、平均すると生産開始から2年たった時期ということが分かっています。つまり、クルマの走行距離が平均1年1万キロだとすると、クルマというのはだいたい2万キロくらい走って、初めて不具合が見つかるものです。つまり、その期間を過ぎてから作られるクルマなら、不具合な部分もしっかり改められ、より安全性の高いクルマに仕上がっているというわけです。

スポンサードリンク
(Visited 9 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed