ウインドウ内側の曇りを最も早く取る方法

ムシムシする梅雨時。車内の湿度が高くなると、ウインドウの内側が曇ってくることが多いですね。こんなとき、最も早く曇りを取るにはどうすればいいでしょうか?
A デフロスターのスイッチを入れる
B 内気循環にして、エアコンを入れる
C 外気導入にして、エアコンを入れる
デフロスターは、曇りを取るための専用装置。当然、これを使うという人も多いはずですが、デフロスターは、温風でウインドウ内側についた細かい水滴を蒸発させる装置で、梅雨時には、車内の温度がさらに上がってかなりつらいはずです。それに、車内の湿度が80%を超えると、曇りが取れるまでかなりの時間がかかるという弱点もあります。
こんなときは、エアコンの出番。エアコンには冷暖房効果だけでなく、除湿効果もあるのです。問題は、内気循環にするか外気導入にするかですが、正解はCの外気導入です。外の湿った空気を入れるマイナスより、車内の湿った空気を出すプラスのほうが効果が大きいのです。

スポンサードリンク
(Visited 10 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed