ボウリングで簡単にカーブボールを投げるワザ

ボウリングで、高スコアをマークできるかどうかの分かれ目は、カーブボールを投げられるかどうかにあります。
カーブボールが弾き飛ばしたピンは、より多くの周囲のピンに当たるため、多数のピンが倒れてストライクが出やすくなります。つまり、得点をアップさせるには、カーブボールをコントロール良く投げられるかどうかが、大きなポイントになります。
素人がカーブボールを投げるには、親指をボールの穴から抜いて投げるとよいでしょう。
通常、ボウリングボールの三つの穴には、親指、中指、薬指の3本を入れますが、そのうち親指を抜いて、中指と薬指の2本で投げると、素人でも見事なカーブボールを投げることができるのです。
なお、プロ選手は、カーブボールを投げるさい、投げる直前に親指を引き抜き、ボールに複雑な回転をかけています。直前に引き抜くのは素人には難しいので、最初から2本で投げればよいのです。

スポンサードリンク
(Visited 13 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed