コンビニの弁当は、なぜ奥の棚にあるのか?

コンビニの主力商品といえば弁当ですが、この弁当、たいていのコンビニでは、店の奥の棚に置いてあるのはどうしてでしょうか。
主力商品なら、もっと目立つ入口付近に置かれてもよさそうなものですが、これでは、コンビニは儲かりません。なぜなら、弁当という商品は、それに付随して別の商品を買ってしまうことが非常に多い商品です。そんな商品を入口付近に置いては、みすみす売上げを逃してしまうからです。
弁当がいちばん奥にあれば、レジに持っていく途中に、弁当だけじゃさみしいからと、飲み物やデザートを買ってしまいます。さらに、弁当を食べながら雑誌も読みたいとなって、雑誌コーナーへ足を向ける場合もあります。かくして、弁当を買うだけのつもりが、店を出たときには二千円も使っていた、なんてこともあるわけです。

スポンサードリンク
(Visited 821 times, 3 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed