しゃっくりを止める秘法

しゃっくりとは医学的にいうと、横隔膜が勝手に短時間の収縮を繰り返している状態で、自分の意志では簡単には止められません。
しかし、民間伝承のなかにはしゃっくりを止めるためのさまざまな秘法があります。以下、その代表例を紹介しましょう。
・驚かす……びっくりすると息を大きく吸い込んで肺が広がります。よって、横隔膜の動きが正常に戻るというもの。
・わざとくしゃみをする……鼻から延髄に刺激が伝わり、その刺激が横隔膜に伝わって正常に戻るというもの。
・お腹にカラシを塗る……お腹としゃっくりは強い相関関係があります。そのお腹を刺激するという意味では一理あり。
・柿のヘタを煎じて飲む……精神的に落ち着けるのなら、これも一理あり。
というわけで、民間伝承もまんざら捨てたものではありません。またしゃっくりは精神状態とも関係が深いため、医学的に根拠のない方法でも効くと思うと、本当に効くことが多いのです。

スポンサードリンク
(Visited 7 times, 1 visits today)

スポンサードリンク

Comments are closed