警察の「巡査部長」はどれくらい偉いのか?

「部長」といえば、サラリーマンなら一応の出世の到達点といわれます。
ところが、警察ではこの「部長」がやたらに多いのをご存知ですか。石を投げれば「巡査部長」に当たりそうなほど。
しかし、この巡査「部長」、民間企業でいえば、主任か係長といったところのようです。なぜ、実態は係長がせいぜいなのに「部長」と名前がつくのかといえば、「巡査部長」とは「巡査」を束ねる部署の「長」だから。「巡査」は警察組織のピラミッドの中ではもっとも下にあるため、その「長」とはいっても、ほとんど偉くないのです。ちなみに、高卒以上で警察官の採用試験に合格した「ノンキャリア組」の場合、巡査でスタートして、高卒で4年、大卒なら1年で「巡査部長」の試験を受ける資格ができます。つまり、うまくすれば20代前半で「部長」になれてしまうのです。

スポンサードリンク
(Visited 939 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed