ブランデーを手のひらで包んで飲む理由は?

ブランデーグラスを手のひらで包むようにして飲むのは、ブランデーを体温で温め、香りをより強めるためです。
温めると、アルコールが蒸散するため、ブランデーの香りがより強くなります。口のすぼまったバルーングラスでブランデーを飲むのも、グラスの中に香りを長くとどめ、楽しむためです。
とくに昔は、質の悪いブランデーが出回っていたため、香りが乏しく、手のひらで十分に温める必要がありました。
しかし最近は、ブランデーの品質がよくなり、手のひらで温めなくても、香りをたっぷり味わえるようです。

スポンサードリンク
(Visited 90 times, 1 visits today)
スポンサードリンク

Comments are closed